診察・手術は原則予約制です。

​事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日:日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


こうてんせいがんけんかすいしょう

後天性眼瞼下垂症

1.腱膜は、瞼板についています  
2.ミュラー筋ものびていません  

はじめに、正常なまぶたについて説明します。
 
①正常なまぶたは、動眼神経(どうがんしんけい)が上眼瞼挙筋白筋(じょうがんけんきょきんはくきん)を収縮させてまぶたを開けようとします。
 
②それにより、ミュラー筋のなかにあるミュラー筋機械受容器というセンサーを引っ張ると、三叉神経固有感覚(さんさしんけいこゆうかんかく)という感じられない感覚が生じます。
 
③その三叉神経固有感覚神経(さんさしんけいこゆうかんかくしんけい)が、上眼瞼挙筋赤筋(じょうがんけんきょきんせききん)を収縮させます。ひざの前の膝蓋腱をハンマーで叩くと、大腿四頭筋の赤筋が反射的に収縮するのと同じです。
 
上眼瞼挙筋白筋(じょうがんけんきょきんはくきん)と上眼瞼挙筋赤筋(じょうがんけんきょきんせききん)の収縮が、腱膜とミュラー筋を介して瞼板を持ち上げるとでまぶたを開けることができます。
 
⑤交感神経が緊張すると、ミュラー筋が収縮して少しまぶたが開けるのを助けています。

 

まぶたを開け続けているということは、この神経回路が連続的に興奮していると三叉神経固有感覚(さんさしんけいこゆうかんかく)が出続けて、上眼瞼挙筋白筋(じょうがんけんきょきんはくきん)と上眼瞼挙筋赤筋(じょうがんけんきょきんせききん)の収縮がいつも起こっていることになるのです。
 
最近の私達の研究(PLOS ONE)で、まぶたの開け具合で、覚醒・筋緊張・交感神経緊張を統制していることがわかりました。
三叉神経固有感覚(さんさしんけいこゆうかんかく)を運ぶ神経細胞体である、脳幹に入り込んだ三叉神経中脳路核(さんさしんけいちゅうのうろかく)は、青斑核とギャップジャンクションという電気的結合で継っていて、まぶたを開けることで、青斑核を刺激して、覚醒・筋緊張・交感神経緊張を統制しているのです。
 
したがって、まぶたを開ける機能の病気になると、青斑核を介した覚醒・筋緊張・交感神経緊張の症状をもたらす可能性が示唆されたのです。
そして、まぶたが下がった状態を眼瞼下垂と呼び、症状を持っていると眼瞼下垂症と呼びます。
 
後天的に眼瞼下垂症となる病気の多くが④の腱膜性眼瞼下垂症です
 
眼瞼下垂症となる病気
動眼神経麻痺(どうがんしんけいまひ)などの動眼神経(どうがんしんけい)の病気
 
ミュラー筋機械受容器というセンサーを引っ張っても三叉神経固有感覚(さんさしんけいこゆうかんかく)がでにくくなる病気、例えばハードコンタクトレンズ長期使用の眼瞼下垂
 
③上眼瞼挙筋じたいの病気、例えば、筋緊張性ディストロフィ、ミトコンドリア病、重症筋無力症(これは筋肉のアセチルコリン受容体の異常)
 
④まぶたを擦る習慣やまばたきなどで、腱膜が瞼板より外れて、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の収縮が伝わりにくくなる腱膜性眼瞼下垂症
 
⑤交感神経の緊張がなくミュラー筋が収縮できない病気、例えば、ホルネル症候群(腫瘍や手術で交感神経の連続が断たれた時)なる軽度の眼瞼下垂、飲酒で血管平滑筋もミュラー筋平滑筋も弛緩した時
 
このなかで誰でもなる可能性があり、最も多くの人が、罹患しているのが、③の腱膜性眼瞼下垂症なのです。

④の腱膜性眼瞼下垂症は、非代償期になると努力してもまぶたが開かなくなります。

代償期 拡大図

腱膜が瞼板より外れてしまった状態です。ですが、瞳孔の上までまぶたを開けることができます。

非代償期 拡大図



腱膜が瞼板より外れて、さらに、ミュラー筋が菲薄化延長した状態です。努力しても瞳孔の上までまぶたを開けることができなくなります。

お知らせ

ミラドライ治療準備中です 
金子医師より:マイクロ波(電磁波)を利用したメスを使わないわき汗やにおいの治療法、薬事承認されたミラドライを準備しております。もう少しお待ちください。  2018年8月10日

休診のお知らせ

10/18.19(木.金)
10/25.26(木.金)

学会出席のため診療を休診させていただきます。