診察・手術は原則予約制です。

​事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日:日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


腱膜性眼瞼下垂症・非代償期

 

 

 ハードコンタクトレンズを長年使っている人や、まぶたを激しく擦る癖のある人、高齢者では、腱膜が外れるだけでなく、ミュラー筋が伸びてしまいます。

 
 この状態では、瞳孔の上までまぶたを開け、視野を維持続けることができなくなります。従来は、この状態を眼瞼下垂と呼んでいました。
 
兆候(見た目の変化)
 瞳孔の上、2.5mm以上まぶたを持ち上げなくなりますので見た目の診断は容易です。
①二重の幅が広がり、眼窩の脂肪が後方へ移動するので、陥凹したまぶた(sunken eyelid)になります。一重の人も、眼の上が凹んで来ます。
②眉毛はいつも上がり、まぶたを閉じても上がったままです。
③上まぶたが開かないので、顎が上がるようになり、下まぶたを下げて視野を確保しています。
 
症状
①上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)が強く収縮するための、眼の上奥の上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の痛み(群発頭痛)、眼精疲労が起きる人がいます。
 
②ミュラー筋を収縮させるために、歯をかみしめたり、舌で歯を外に押して、、歯ぎしり、顎関節症(がくかんせつしょう)、歯周病などをを引き起こす可能性があます。噛みしめる筋肉の咬筋が肥大してエラが張り、こめかみの側頭筋に片頭痛が起きる人を多くみます。
 
 ミュラー筋を収縮させてまぶたを開けているので、目は細いのですが、まばたきが閉じず、ドライアイを訴える人もいます。
 
③眉毛(まゆげ)を持ち上げる前頭筋(ぜんとうきん)、そして頭皮を後ろへ引っ張る耳の後ろの後頭筋(こうとうきん)を収縮させて、おでこのシワや、緊張型頭痛や、そして肩こり・うなじのこりを生じるようになります。
 
④青斑核症状
 腱膜性眼瞼下垂症・代償期のようにいつも青斑核を刺激できたり、できなかったりしますす。
 青斑核をを強く刺激し過ぎているときは、腹内側前頭前野には抑制がかかり、意思決定・記憶想起・情動のコントロールがうまくできなりますが、筋緊張・交感神経緊張は抑制がかからないので強くでます。
 青斑核を刺激できないときは、覚醒・筋緊張・交感神経緊張ができなくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お知らせ

 夏の脱毛キャンペーン 
2018年7月1日~8月31日
 脱毛全メニュ-割引中です。
医療脱毛レーザーで安全な脱毛をお試しになりませんか?

休診日のお知らせ

2018年 7月20日(金)
浜松医科大学での手術のため、松尾外来は午前中のみ休診、
金子外来は午前と午後を休診させていただきます。