診察・手術は原則予約制です。

​事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


シミ、美肌 

 シミは5種類に分けられます。それぞれ治療法が異なります。

 

1.アザ(後天性真皮メラノサイトーシス ADM)
    治療:QスイッチYAGレーザー+トラネキサム酸内服
 
2. 加齢によるイボ(脂漏性角化症
    治療:炭酸ガスレーザー
 
3. そばかす
    治療:フラッシュライト療法トラネキサム酸内服
 
4. 30~40代の女性に多いシミ(肝斑)
    治療:1.トラネキサム酸内服
       2.保存療法 擦らない
       3.美顔器でのトラネキサム酸、ビタミンCのイオン導入 
       4.ハイドロキノン外用、ルミキシル外用
 
5.外傷や虫刺されなど炎症後のシミ(炎症性色素沈着
    治療:1.トラネキサム酸内服
       2.保存療法
       3.シリコンジェルシート
       4.ハイドロキノン外用、ルミキシル外用
 

炭酸ガスレーザー

LASERY 15Zμ

QスイッチYAGレーザー

IPL

キセノン光線治療器を使用した
フォトフェイシャル
LASERY 15Zμ)
 

メソアクティス

エレクトロポレーション法を
応用し肌の奥まで高度濃度の
美容成分を導入します

医療機関専用器機

ドクターズコスメ

保水保湿機能があります
APエフローション(化粧水)
Q10クリーム(栄養クリーム)
UVローション(日焼け止め)

 

    

 
1.アザ(後天性真皮メラノサイトーシス ADM)
真皮メラノサイトーシスは、 13~20歳以上で出現する一種の遅発性母斑(アザ)です。
頬骨突出部・鼻翼・こめかみ~上眼瞼外側(小斑性)、下眼瞼・鼻根部・前額外側(びまん性)に対称性に出現します。色は灰色~灰褐色、褐色~濃褐色で、辺縁が不鮮明の斑点がアザなので、ホルモンの変動や、日光暴露でも変化は少ないのです。
表皮の色素沈着は、アザを取ろうと擦るので、肝斑を合併していることが多いのです。
 
治療:QスイッチYAGレーザー+トラネキサム酸内服500mg/1日(照射前~照射後)
   クーリング後、局所麻酔をして、8~10J/cm2で照射します。
   照射部は白く見えますが、10分クーリングします。軟膏ガーゼでテーピングします。
   照射部には痂皮(かさぶた)ができます。かさぶたがとれた後、サンスクリーン剤を使います。
 
   シミ(アザ)の色は、すぐには消えません。半年かけて薄くなります。
   追加のレーザー照射は半年後に行います。
 
 
 
2. 加齢によるイボ脂漏性角化症 老人斑 SK)
長年の紫外線暴露により生じるメラニン顆粒を持った表皮細胞の増殖する良性腫瘍です。日に当たった場所に好発し、最初は平らですが、盛り上がってきます。
 
治療:炭酸ガスレーザー
   ク-リングして、局所麻酔して、表皮が剥がれる程度照射します。
   照射部は白く見えますが、10分クーリングします。軟膏ガーゼでテーピングします。
   照射部には痂皮(かさぶた)ができます。痂皮がとれた後サンスクリーン剤を使います
 
 
 
3. そばかす
 
真皮メラノサイトの機能亢進による 表皮基底層のメラニン増多です。学童期に出現して、日焼けで濃くなります。日焼けで全体に均質に色黒にならず、スポットに日焼けする、体質性色素失調症と考えられます。
鼻根部を中心に中央優位に左右対称に出現します。
 
治療:フラッシュライト療法トラネキサム酸内服500mg/1日(照射前~照射後)、照射後サンスク
   リーン剤
   メラニン色素の濃い表皮を薄く焼きとる治療なので、病変部が焼け、それが1週ほどで脱落しま
   す。次回、少し出力を上げてもう少し焼きとる治療です。目立たない程度に薄くなれば良いと考
   えて下さい。
   海水浴などで日焼けをすると元に戻るので、サンスクリーン剤は必須です。
   また、外胚葉由来の虹彩に陽を当てると、同じ外胚葉由来の真皮メラノサイトのメラニン色素合
   成を促進するので、日焼けするときは、サングラスをして虹彩に陽を当てないようしてくださ
   い。
 
 
 
4.30~40代の女性に多いシミ(肝斑 かんぱん
慢性過刺激(こすりすぎ)によるバリア破壊と表皮損傷による表皮基底層とその上層の慢性炎症性色素沈着症です。
お化粧をする年齢の16歳以上の、頬骨部・前額部・口唇などの擦られやすい部位にほぼ左右対称性に出現します。
辺縁の形態が不自然
 
治療:1.トラネキサム酸内服500mg~1500mg/1日
   2.保存療法 擦らない
   3.美顔器でのトラネキサム酸、ビタミンCのイオン導入 
   4.ハイドロキノン外用、ルミキシル外用(メラニン色素の合成阻害)
 
 
 
5.外傷や虫刺されなど炎症後のシミ(炎症性色素沈着 Post-Inflammatory Hyperpigmetation)
外傷、熱傷、フラッシュライト療法、レーザー治療後の一過性の色素沈着です。
その特徴は、色素はびまん性に広がり、辺縁はすべて不鮮明である。
表皮基底細胞にメラニン増多しています。
顔面で半年、体幹・上肢で1~2年、下肢で3~4年で自然治癒します。
 
治療:1.トラネキサム酸内服500mg~1500mg/1日
   2.保存療法
   3.シリコンジェルシート
   4.ハイドロキノン外用、ルミキシル外用
 
 

 

  1.後天性真皮メラノサイトーシス(ADM) 2. 脂漏性角化症(老人斑)SK
 
3.そばかす  4.肝斑 5.炎症性色素沈着(PIH)
   真皮メラノサイトが出現する、一種の遅発性母斑(アザ)である。  メラニン顆粒を持った表皮細胞の増殖する良性腫瘍である。 表皮基底層のメラニン増多。  慢性過刺激(こすりすぎ)によるバリア破壊と表皮損傷による表皮基底層とその上層の慢性炎症性色素沈着症。
 
びまん性に広がった表皮基底細胞にメラニン増多。
 特徴  辺縁が不鮮明の斑点が散在したり、癒合した状態を呈している。  辺縁はすべて鮮明   辺縁の形態が不自然で、辺縁の一部が極めて明瞭である。例えば、顔の中心部が明瞭で、周囲側が不明瞭など
 
 
辺縁はすべて不鮮明
 初発年齢  13~20歳以上で初発  露光した中高年  3歳以降  16歳以上  外傷後
 発症部位  頬骨突出部・鼻翼・こめかみ~上眼瞼外側(4mm程度の小斑性)、下眼瞼・鼻根部・前額外側(びまん性)  ランダムに、顔の中心より顔の側面に多い。  鼻根部を中心に中央優位に左右対称に。  頬骨部・前額部・口唇などの擦られやすい部位に左右対称性。  どこでも
 治療方法 Qスイッチルビーレーザー
+トラネキサム酸内服
外用剤使わない
老人班はQスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
フラッシュライト療法
 
1.トラネキサム酸内服
500mg/a day
2.保存療法
3.イオン導入
4.ハイドロキノン、ルミキシル外用

1.トラネキサム酸内服
500mg~1500mg/1日
2.保存療法
3.シリコンジェルシート
4.ハイドロキノン、ルミキシル外用

 

                                     ※価格は税込みです

 

サンスクリーン(C-amour UV50ローション)

 紫外線だけでなく赤外線もカットします。この赤外線カットが重要です。

 2,700円

 トランサミン(トラネキサム酸)

 500mg 1日3錠 28日分

 500mg 1日2錠  28日分

 250mg 1日3錠  28日分

 250mg 1日2錠  28日分

 3,630円

 2,420円

 2,270円

 1,520円 

 シナール

 1日3錠   28日分

 1日2錠   28日分

 1,820円

 1,210円

 ハイドロキノン   5%5g  2,160円
 ルミキシル  9g  一般販売に伴い取り扱い終了しました
トレチノインナノエッグ

 0.1%

 

 4,320円

 

最新のお知らせ

キャンペーン中 
当院では現在ミラドライキャンペーンを行っています。
おおまかな流れはスタッフブログをご覧ください


      2019年11月8日
当院からのお願い 
当院は、眼科、整形外科ではなく、形成外科になります。

眼球、骨に関しての十分な検査及び治療が行えないことがありますのでご了承下さい。

       2019年9月20日

休診のお知らせ

2019年11月8日(金)
金子医師は休診となります。
2019年11月14日(木)
      ~15日(金)
学会に出席のため休診になります