瞼の診察・手術は完全予約制です。

その他診察・手術は原則予約制になります。

事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00 (受付11:30まで)
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00 (受付17:30まで)   
土曜日 診察     10:00〜12:00 (受付11:30まで)

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診

せんてんせいがんけんかすいしょう
先天性眼瞼下垂症

 先天性眼瞼下垂の外科的処置は、体力面と発達面を考慮して、3歳以降を目安にしています。

適切な時期に適切な治療を行うことで、先天性眼瞼下垂は改善できます。

 

 成人の場合、眼瞼下垂症の手術は局所麻酔で行いますが、小児ですと全身麻酔が必要となりますので、当クリニックではなく 提携の浜松医科大学医学部附属病院にて手術を実施します。

 手術後は、ご家庭での目の使い方のトレーニングが肝要です。

 

 

 正常にまぶたを開けるには

 

①上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)が主に働き、腱膜を介して、瞼板を持ち上げています。
②ミュラー筋が交感神経の収縮で3mmまぶたが開きます。
③上直筋の収縮で間接的に2mmまぶたが開きます、
④前頭筋の収縮でまぶたの皮膚を挙上しています。瞼板につながっていないので間接的役割しか果たしていません。
 先天性眼瞼下垂症では
 
上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)が全くないか、少しある場合もありますが、上方視すると眼球だけ上がって、まぶたが取り残されていまいます。
 前頭筋はすごく眉毛やまぶたの皮膚を挙上できるのですが、瞼板につながりがないので、まぶたを開ける役割を果たしていません。

  

 私の行っている手術は、
 
①腱膜を瞼板より少し外します(元にもどせるように)。
そうすると、ミュラー筋がよく引っ張られようになり、前頭筋が不随意的・反射的(無意識に)によくちぢみ、より眉毛があがるようになります。
これは、大人の腱膜性眼瞼下垂症で眉毛があがってしまう現象で、それを応用しております。
②この動きを瞼板に伝えるように、大腿筋膜を移植して、眉毛の動きと連動して、まぶたが開くようにしています。
 
 挙筋短縮術を受けている方の再手術も、同じ方法をしております。ミュラー筋を切除されている場合、難しいことがあります。
 
 手術は、保険診療で行っています。
片側だと、K219 眼瞼下垂症手術 2筋膜移植法 18,530点なので、3割負担だと55,590円(手術のみ)+αかかります。
 
参考文献
Matsuo K, Yuzuriha S. Frontalis suspension with fascia lata for severe congenital blepharoptosis using enhanced involuntary reflex contraction of the frontalis muscle. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2009;62:480-7.

  

重要
新型コロナウイルスについて

【受診される患者様へ】

当院は全国から多くの患者様が来院されます。
新型コロナウイルス感染症対策として、
・風邪症状37.3℃以上の発熱
強いだるさ(倦怠感)
息苦しさ(呼吸困難)
       
等がある方は、
事前にお電話でお知らせください。
症状によっては予約日・手術日の変更をお願いする場合がございます。ご理解とご協力をお願いします。

感染のリスクを考慮し、
受診される皆様には可能な限りマスクの着用して頂くようお願いしております。
 

また現在付き添いの制限をしております。お体の不自由な方、未成年の方等事情がある方はお申し出ください。
お車で待機できる方は、お申し出ください。順番が近づいたらご連絡させていただきます。
 

化粧品について

現在、感染症対策として
クレンジング、化粧品等の
テスターを中止しております。

診察、手術、施術等受けられる方におきましては、
クレンジング、化粧品等は
ご自身のものを
必ずお持ちください


なお、販売に関しては通常通り行っております。

最新のお知らせ

更新
ニキビ・ニキビ跡について更新しました。
     2020年9月17日
更新
松尾清語録更新しました。
     2020年9月8日
更新
男性の薄毛(AGA)について更新しました。 2020年8月31日
掲載
マキノ出版ムックに掲載されました。   2020年8月29日
更新
粉瘤と巻き爪・陥入爪について
更新しました。
      2020年8月27日
 
掲載
ゆほびか9月号に掲載されました。    2020年8月24日
当院からのお願い 
当院は、眼科や整形外科ではなく、形成外科です。

眼球や骨に関して十分な検査及び治療が行えないことがありますのでご了承下さい。

       2019年9月20日