瞼の診察・手術は完全予約制です。

その他診察・手術は予約優先制になります。

事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00   
土曜日 診察     10:00〜12:00
●受付は診察終了30分前までとなります●

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診

ニキビ・ニキビ跡

ニキビ(尋常性ざ瘡)とは?

ニキビは主に思春期以降に顔や胸、背中などにできます。

日本では90%以上の人がニキビを経験すると言われていますが、「青春のシンボル」「若い時はできて当たり前」と考えて、治療ができる病気だと思っていない方も多くいらっしゃいます。

自然に治ることも多い病気ですが、放置して炎症が悪化したり、目立つニキビ跡が残ったりすることも少なくありません。

顔など目につく場所に多発して心理的な負担になることもありますので、早めの治療をお勧めしています。

原因は?

思春期になると性ホルモンの影響で毛穴の奥にある皮脂腺からの皮脂の分泌が活発になります。

皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)の乱れにより毛穴の出口が詰まると、過剰に分泌された皮脂が毛穴の外に出られずに溜まってしまい、白ニキビになります。

溜まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖すると炎症を起こし、赤ニキビができます。

この赤ニキビを放置しているとニキビ跡になります。

ストレスやホルモンの乱れ、間違ったスキンケア、睡眠不足などもニキビを悪化させる要因です。

ニキビ治療

ニキビの治療法には、保険診療で行う治療、自費診療で行う治療などたくさんの種類があります。

ニキビの重症度は患者様ごとに異なりますので、症状に応じてお一人お一人に最適な治療法を提案しています。

ライフスタイルの改善

正しいスキンケアや、睡眠不足の改善、バランスの取れた食事などが重要です。ニキビ予防に効果的なAPPS(ビタミンC誘導体)を含んだ化粧水やクリームも取り扱っています。

アダパレン、過酸化ベンゾイル(軟膏治療)

ニキビの原因である毛穴のつまりを改善する目的で使用します。炎症を起こしていない白ニキビにも炎症を起こしている赤ニキビにも効果があります。過酸化ベンゾイルはアクネ菌を殺菌する作用もあります。

いずれも治療効果を実感するまでに3カ月以上の継続が必要です。

抗生物質(軟膏治療、内服治療)

主に炎症を起こしている赤ニキビに対して、アクネ菌を殺菌したり、増殖を抑える目的で使用します。間違った使い方や長期間の使用によって耐性菌が生じるという問題があります。

漢方(内服治療)

体質改善を目的として他の治療と併用します。

ケミカルピーリング(自費診療)

皮膚に薬剤を塗り、皮膚表面の古い角質を取り除きます。

本来、健康な肌は約28日で生まれ変わります。これを皮膚のターンオーバーといいます。ニキビの肌では、このターンオーバーが乱れ毛穴が詰まりやすい状態となっています。

ケミカルピーリングを行うことで、皮膚のターンオーバーを整え、毛穴の詰まりにくい健康な肌質に改善します。

ケミカルピーリングは、難治性のニキビに対しても高い効果が期待できます。

当院で扱っているケミカルピーリング剤は、サリチル酸マクロゴールという薬剤で、角質の除去に優れているだけでなく、肌への刺激が少ないという特徴があります。

メソセラピー(自費診療)

エレクトロポレーションと呼ばれる特殊な電気の力によって皮膚の表面のバリアゾーンに隙間をあけ、ニキビに有効な薬剤を大量に浸透させる治療です。

従来のイオン導入、超音波導入に比べて導入できる薬剤の種類も豊富で細胞の機能を損なうことなく有効成分を浸透させることが可能です。

IPL フォトフェイシャル(自費診療)

IPLはIntense Pulse Lightのことで、幅広い波長の光を利用して様々な肌トラブルを改善し、肌本来の健康な状態を取り戻す治療です。

ニキビにIPLを照射することで、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、ニキビによる赤みや炎症を抑えてニキビのできにくい肌に誘導します。

また、IPLは皮膚のコラーゲン生成や肌のターンオーバーを促進させ、ニキビ跡を改善する効果もあります。

フラクショナルレーザー(自費診療)

ニキビ跡に有効な治療です。

微細なビーム径の炭酸ガスレーザーを照射することで、皮膚に細かな穴をたくさん開けます。

できた穴は傷となりますがこの傷を修復する際にコラーゲンやエラスチンが再構築され、肌を生まれ変わらせて凹凸を改善させる効果があります。

背中ニキビ、胸ニキビ

顔にできるニキビとは違い、背中ニキビは自分では気が付きにくいものです。夏場など肌を出す機会が増えた際に周囲から指摘されて初めて気が付き、驚かれる方も少なくありません。

背中だけではなく、前胸部にもニキビが多発することがあります。

背中ニキビ、胸ニキビも顔のニキビと同様に毛穴のつまりと皮脂の分泌過剰が原因です。ストレスやホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れなども関連しています。

また、背中では入浴時の背中の洗い残しや、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しも原因の一つです。

治療は基本的に顔ニキビと同様ですが、塗り薬が塗りにくかったり、なかなか治らない場合はケミカルピーリングやIPLをお勧めしています。

背中は薬が十分に塗れずに治りにくいだけでなく、治った後もニキビ跡が目立ちやすい部位です。ニキビ跡の治療もご相談ください。

【お願い】

当院は、眼科や整形外科ではなく、形成外科です。

眼球や骨に関して十分な検査及び治療が行えないことがありますので

ご了承下さい。