瞼の診察・手術は完全予約制です

その他診察・手術は予約優先制です

事前にお電話でご予約ください

平日       10:00〜12:00
         13:00~18:00   
土曜日      10:00〜12:00
●受付は診察終了30分前までとなります●

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診

ご予約・お問い合わせはお電話かLINEで

053-581-1515
友だち追加

 ※Web問診での受診予約はできません。

   入力前にご予約をお願いします。

男性の薄毛【AGA】

男性医師(水上)の診察にて治療方針が決まります。
6か月以内の採血結果をお持ちの方はご持参ください。

問診票について

初診時、必ず問診表を記入していただく必要があります。

・Web問診にて事前記入

・問診票(PDF)を自宅で印刷し記入

・受診時院内にて記入

上記のうちご自身にあう記入方法を1つ選んでいただきますようお願いいたします。

AGAとは?

男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)は、成人男性に発症し、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなる状態のことをいいます。AGAの発症には遺伝と男性ホルモンの影響が関与しています。

日本人男性の発症頻度は約30%で、年代別にみると20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなる傾向にあります。

AGAで悩んでいる方は全国で1000万人以上いるとされますが、何らかのケアを行ったことのある人はその半数程度と言われています。なにもせずに放置しておくと徐々に進行していくため、早めのケアをお勧めしています。

AGAの特徴

一般的に男性ホルモンは骨や筋肉の発達を促し、髭や胸毛などの毛を濃くする方向に働きます。しかし、額や頭頂部などにおいては、逆に軟毛化現象を引き起こします。

AGAでは、額や頭頂部などの男性ホルモン感受性毛包にDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが作用し、髪の毛の成長期を短くします。すると通常であれば2~6年は生えているはずの毛髪が、長く太く成長する前に抜け落ちるようになり、その結果薄毛が起こってしまいます。

AGAの治療

当院では、日本皮膚科学会『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』に基づいて治療を行っています。

AGAの治療は保険外診療(自費診療)となります。

プロペシアとザガーロの処方を行っています。(ジェネリック薬に関しては応相談

 

フィナステリド(プロペシア)     ・デュタステリド(ザガーロ)

ミノキシジル配合外用液

フィナステリド(プロペシア) 8800円(税込)/月 1日1回1錠内服

フィナステリドは現在世界60か国以上で承認されている飲み薬です。

日本では2005年に厚生労働省の認可を受け販売開始されました。

フィナステリドはAGAの主な原因物質であるDHTの合成に関わる5-α還元酵素の作用を抑制することで、抜け毛を減らし、AGAの進行を抑える効果があります。

フィナステリドの効果

3か月程度から抜け毛の減少などの効果を感じられることがありますが、効果の確認まで6か月程度の内服が必要です。

内服を中止すると効果はなくなり再び脱毛が始まってしまうため、継続して内服する必要があります。

フィナステリドの副作用

副作用の報告は少ないですが、次のようなものがあります。

性欲減退:1.1%

勃起不全:0.5%

まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。

フィナステリドの注意点

  • 前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、検査を実施される医師に内服していることをお伝えください。
  • 女性は服用しないでください。
  • 20歳未満の男性は内服しないでください。
  • 錠剤を割って飲まないでください。
  • 肝機能に異常がある方は相談してください。
  • 内服中は献血はできません。
  • フィナステリドに含まれる成分に過敏症のある方は内服できません。

デュタステリド(ザガーロ) 9900円(税込)/月 1日1回1錠内服

デュタステリドは2015年にAGA治療薬として認可をうけた比較的新しい内服薬です。

フィナステリドと同様、AGAの主な原因物質であるDHTの産生に関わる5-α還元酵素の作用を抑制する働きがあります。

デュタステリドの効果

効果の確認まで6か月程度の内服が必要です。

内服を中止すると効果はなくなり再び脱毛が始まってしまうため、継続して内服する必要があります。

デュタステリドの副作用

国内長期投与試験において以下のような副作用が報告されています。

勃起不全:10.8%

性欲減退:8.3%

射精障害:4.2%

まれに肝機能障害があらわれる可能性もあります。

デュタステリドの注意点
  • 経皮吸収されるため、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないでください。
  • 錠剤を割って飲まないでください。
  • 女性は服用しないでください。
  • 20歳未満の男性は内服しないでください。
  • 前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、検査を実施される医師に内服していることをお伝えください。
  • 肝機能に異常がある方は相談してください。
  • 内服中は献血できません。
  • デュタステリドに含まれる成分に過敏症のある方は内服できません。

フィナステリド、デュタステリドの違い

フィナステリドがDHTの産生に関わる5-α還元酵素の型のみしか抑えられないのに対し、デュタステリドは型、Ⅱ型ともに抑えることができます。そのため、デュタステリドはフィナステリド以上に毛髪改善効果が期待できます。

ただし、デュタステリドはフィナステリドと比べて半減期が長いこともあり、副作用の発現頻度が増加します。

ミノキシジル配合外用液 5% 60ml 5500円(税込) 

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発されましたが、この薬を内服中の方に発毛が見られたために発毛剤としての開発が進みました。

市販薬ではリアップX5、スカルプDメディカルミノキ5などがあります。

ミノキシジルは血管を拡張することで頭皮の血流を増やし、毛の成長を促す効果があります。また、ミノキシジルは毛の成長を促す種々の細胞成長因子の産生を促進する効果も持っています。

フィナステリドやデュタステリドとは異なる作用機序で発毛を促すため、併用することでより効果的な治療が可能となります

ミノキシジルの効果

効果の確認までに6カ月程度の外用が必要です。

外用を中止すると再び脱毛が始まってしまうため、継続して使用する必要があります。

初期脱毛について

ミノキシジルの外用初期(2週間~1か月)に一時的に抜け毛が増えます。これを初期脱毛といいます。

ミノキシジルは休止期に入っていた毛を初期成長期に移行させ、ヘアサイクルを正常に整える効果があるのですが、この際に起こる一時的な脱毛です。個人差はありますが、1~3カ月程度で落ち着いてきます。

ミノキシジルの効果が出ている証拠ですので、心配せずに治療を継続しましょう。

ミノキシジルの使用法

12回、11mlを脱毛している頭皮に塗布してください。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル副作用は局所症状が主で、軽度なことが多いです。

頭皮のかゆみ、発赤、フケ、毛包炎、接触皮膚炎、顔面の多毛などが報告されています。

また、頭痛、気が遠くなる、胸の痛み、心拍が早くなる、むくみ等の報告もあります。