診察・手術は原則予約制です。

​事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日:日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


眼瞼下垂術後の眼瞼けいれん

・眼瞼下垂の手術で、ミュラー筋を短縮する手術、腱膜とミュラー筋を腱板に縫合する手術を受けた人の中に、眼瞼けいれんが起きる人がいます。

・目がしょぼしょぼする。

・眉間に力が入り、しかめ面をしている。

・顔が痛くて疲れる。

・これら症状は、上方視したり、ギュッとまぶたを閉じると悪化します。

・下方視したり、まぶたを閉じていたほうがラク。

上記は眼瞼痙攣(けいれん)の代表的な症状です。

パソコンの長時間使用、運転、睡眠不足などで症状が悪化します。

 

眼瞼けいれんの詳しい解説は、こちらをご覧ください。

https://sites.google.com/a/mabuta.net/eyelid/yan-jian-jing-luan

治療方法

問診の際に適切な診療方針を決めますが、主な治療方法は下記の通りです。

 

1,ボトックス注射

ボツリヌス菌を注射することにより、筋肉の痙攣を止めます。

2,まぶたの外科手術

ミュラー筋と腱板の連続性を外して、ミュラー筋機械受容器の感度を下げます。そして腱膜を腱板に固定します。

 

最新のお知らせ

ミラドライ治療準備中です 
金子医師より:マイクロ波(電磁波)を利用したメスを使わないわき汗やにおいの治療法、薬事承認されたミラドライを準備しております。もう少しお待ちください。 2018年11月14日

休診のお知らせ

2018/12/19(水)
金子医師、一日休診
(大学勤務のため)
2018/12/21(金)
院長、午前休診
金子医師、一日休診
(大学勤務のため)
冬季休診
12/29(土)~1/3(木)まで当院は冬季休診とさせていただきます。