瞼の診察・手術は完全予約制です。

その他診察・手術は原則予約制になります。

事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


眼瞼下垂術後の眼瞼けいれん

・眼瞼下垂の手術で、ミュラー筋を短縮する手術、腱膜とミュラー筋を腱板に縫合する手術を受けた人の中に、眼瞼けいれんが起きる人がいます。

・目がしょぼしょぼする。

・眉間に力が入り、しかめ面をしている。

・顔が痛くて疲れる。

・これら症状は、上方視したり、ギュッとまぶたを閉じると悪化します。

・下方視したり、まぶたを閉じていたほうがラク。

上記は眼瞼痙攣(けいれん)の代表的な症状です。

パソコンの長時間使用、運転、睡眠不足などで症状が悪化します。

 

眼瞼けいれんの詳しい解説は、こちらをご覧ください。

https://sites.google.com/a/mabuta.net/eyelid/yan-jian-jing-luan

治療方法

問診の際に適切な診療方針を決めますが、主な治療方法は下記の通りです。

 

1,ボトックス注射

ボツリヌス菌を注射することにより、筋肉の痙攣を止めます。

2,まぶたの外科手術

ミュラー筋と腱板の連続性を外して、ミュラー筋機械受容器の感度を下げます。そして腱膜を腱板に固定します。

 

重症
新型コロナウイルスについて

【受診される患者様へ】 

当院は全国から患者様が来院されます。
新型コロナウイルス感染症対策として、
・風邪症状37.3℃以上の発熱
強いだるさ(倦怠感)
息苦しさ(呼吸困難)
       
等がある方は、
受付時やお電話でお知らせください。
症状によっては予約日・手術日の変更をお願いする場合がございます。ご理解とご協力をお願いします。

感染のリスクを考慮し、
受診される皆様には可能な限りマスクの着用して頂き、
付き添いの人数もなるべく少なくしていただくようお願いいたします。

最新のお知らせ

医師 
常勤医師三名体制になりました。
      2020年4月1日
キャンペーン 
汗ナビ掲載に伴い4月まで、ミラドライキャンペーン実施します。

      2020年3月5日
スタッフ募集中 
現在事務員さんを募集しています。
      2019年12月16日
当院からのお願い 
当院は、眼科、整形外科ではなく、形成外科になります。

眼球、骨に関しての十分な検査及び治療が行えないことがありますのでご了承下さい。

       2019年9月20日