瞼の診察・手術は完全予約制です。

その他診察・手術は予約優先制になります。

事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00   
土曜日 診察     10:00〜12:00
●受付は診察終了30分前までとなります●

休診日 日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診

二重の手術

二重まぶたの手術方法の選択
 
二重まぶたの手術方法は3種類あります。
 A.埋没法(合併症が多いので当院では行いません)
 B.小切開法
 C.切開法
 
二重まぶたの手術目的
①二重のラインを付ける。これは、A.埋没法、B.小切開法、C.切開法どれでもできます。
②まつげを上向ける。これはB.小切開法、C.切開法になります。
③目をもっと軽く楽に大きく開けられるようにする。これはC.切開法になります。
 
チェック項目
①逆さまつげがあるかどうか
②眉毛を押さえてまぶたが開けられるかどうか、まぶたを開けるの邪魔している横走靭帯が発達している細い目なのかをチェックします。
③蒙古ヒダが発達しているか(目頭切開が必要かのチェックです)
 蒙古ヒダが発達していると、内側に二重のラインを作れない場合や、まつげの向きを変えられない場合があります。
 目頭切開とよく言われますが、切開するのでなく、Z形成術という瘢痕(きずあと)の目立ちにくい方法で、蒙古ヒダの位置をずらす内眥形成術(ないしけいせいじゅつ)を行います。
④腱膜が瞼板より外れている腱膜性眼瞼下垂症が併存しているかどうか(重りをまぶたに乗せてまぶたを開けられるかをチェックします。腱膜性眼瞼下垂症を参照してください)。
 
下記のURLにて、より詳しい解説を掲載しています。
 
 
 

【お願い】

当院は、眼科や整形外科ではなく、形成外科です。

眼球や骨に関して十分な検査及び治療が行えないことがありますので

ご了承下さい。