診察・手術は原則予約制です。

​事前にお電話にてご予約ください。

平日  診察     10:00〜12:00
    手術     13:00~16:00
    診察     16:00〜18:00    
土曜日 診察     10:00〜12:00

休診日:日曜、祝日、夏季休診、年末年始休診、学会時休診


美容皮膚科(自由診療)

※健康保険が適用されない診療です。(ワキ多汗症は保険が適用されます)
 皮膚は表皮と真皮に分けられます。
 真皮は、主に、柔らかいI型コラーゲン線維と、硬いIII型コラーゲン線維で構成され、後者は弾性線維の細い網目状の構造を形成し、ヒアルロン酸や細胞などの足場を作っています。ヒアルロン酸は乾燥重量1gに水を80g含むことができ、肌のみずみすしさ、はりを作っています。
 
 月経のある女性の皮膚は、排卵から月経までの女性ホルモンの多い時期、はだがみずみずしくなります。初期のヒアルロン酸は、鶏のとさかから抽出して得ていました。鶏のとさかはヒアルロン酸が増えると大きくなります。
 
 閉経すると、女性ホルモンの減少で、ヒアルロン酸 やIII型コラーゲン線維が線維芽細胞よりつくられる量が減少します。肌のみずみすしさ、はりが減り、真皮が痩せて、小じわだらけになります。
 さらに、この状態で太陽光を浴びると、太陽光の電磁波は、ヒアルロン酸に含まれる水や、コラーゲン線維のアルファヘリックスの二十螺旋がアンテナとなって吸収するので、これらが減った状態の肌では、電磁波の影響を強く受け、コラーゲン線維、弾性線維が変性し、さらなる皮膚の老化の原因となると考えられています。
 
 真皮内のヒアルロン酸やIII型コラーゲンを増やす方法や、その機能を代替わりする方法は次の通りです。
①局所の女性ホルモンのレベルを上げる(プレマリン内服、プラセンタの注射)。
②保水保湿機能のあるドクターズコスメ(化粧品)を使用する。
キセノン光線治療器Palomar社のMaxGやLux1540Fractionalで近赤外線を照射する。
④トライビームQスイッチYAGレーザーによるシミ・シワの治療。
⑤メソアクティスでは今までは注射でしか導入できなかった分子量の大きな成分(ヒアルロン酸等)を経皮導入します。 

まつげ貧毛治療

ワキ多汗症

ピアス穴あけ

お知らせ

 夏の脱毛キャンペーン 
2018年7月1日~8月31日
 脱毛全メニュ-割引中です。
医療脱毛レーザーで安全な脱毛をお試しになりませんか?

休診日のお知らせ

2018年 7月20日(金)
浜松医科大学での手術のため、松尾外来は午前中のみ休診、
金子外来は午前と午後を休診させていただきます。